養育費相談


離婚をしたが、子どもの養育費が払われない…

このような悩みを抱えた方には、(1)離婚の時点で養育費の金額を定めていない場合、(2)離婚の時には養育費の取り決めをしたのに支払ってもらえない場合などがあるでしょう。

離婚の時点で養育費について合意がなかったとしても、後から養育費の金額について話し合うことができます。両方の当事者の間で意見がまとまらないときは、調停によって養育費を決めることになります。養育費はお子さんの人数、年齢、双方の親の収入などを参考にして裁判所で作成されている算定表をベースにして定めます。養育費について調停でも話がまとまらない場合には、審判といって裁判官が適正な金額を定めてくれます。

離婚の時点で取り決めをした場合、公正証書でお互いの合意内容を記載しておけば、養育費を受け取れないときにも調停等起こさなくても強制執行の申立てができます。また、調停や審判によっても給与の差押えなどの強制執行ができます。

このように様々な状況で定められているのが養育費です。アドバイスが欲しい方、強制執行を依頼したい方はお気軽にお問い合わせください。