七夕の日。それは一年に一度、織姫と彦星が逢えるというロマンチックなお話があるわけですが。
無料法律相談を終えた帰り道、一番最初に働いていた法律事務所の弁護士(いわゆるボス弁といい、私を勤務弁護士として雇った先生というわけです。)とバッタリお会いしました。
数年ぶりの再会なのではないでしょうか…3年くらいかな?
先生はあまりお変わりにはなっていらっしゃらなくて、お元気そうでした。
私の方は、当時よりも15キロ以上痩せたんですよね。「大分痩せたんじゃない?でも元気そうだね」と声をかけられました。
まあ、今でも小太りなのでそこから15キロ以上ってどうなのという話ですが、結局食生活の変化でこれだけ変わったんだろうなと思います。
当時は夜中まで働いていた日もあったし、ご飯はほとんど外食だったし…生活は不規則だったし。
今は外出時には昼は外で食べることもありますが基本的には朝食と夕食は家で自分で作って食べています。この差は大きい。それに前の事務所にはお菓子がたくさんあるけど、今の事務所には置きません(笑)
でも、前の事務所時代のことを今ならば懐かしく思い出すことができます。
そりゃ大変なこともあったけど、今無料法律相談でいろんな分野の相談を受けても答えることができるのは、すっごい密度の濃さで3年間自分でいろいろ悩みながらも事件を処理できたからだと思っています。とても感謝しています。
そして同じ経営する弁護士として、当時は少し頭に来ていたことも(笑)今ならば、気持ちが少しわかるような気がします。親のありがたみみたいなものでしょうか。
ちっともロマンチックではないですが(笑)、そんなことを再認識できた七夕も悪くはないです。