近視、乱視、老眼で悩む今日この頃です 笑

それでもなぜかメガネを家に置いてきてしまいますが。。。。

 

目の事情はあれど、本と弁護士業務は言うなれば、スキープレーヤーのストックのような感じでしょうか。滑れないわけじゃないが、あるとないでは大違いです。

もちろん弁護士会館にも図書館はあり、専門書がそれなりにあるにはあるんですが、ちょっと古いかな…。新しいのは貸し出しできないしね。法律改正ですぐ読んで自分のものにしたいと思えば買うのが一番です。

そしてここに来て漫画を中心に電子書籍が少しずつ普及してきた感があります。しかし、仕事の本で電子書籍はやや不便だなあと思うこともあります。付箋機能はありますが、目でパッとどの付箋かってわかるかどうかからしたら、紙の書籍には敵いません。あとなぜでしょう、頭へのインプットの力が若干弱い気がする…なんの差なのかしら。

いずれにしても、本はながーいお友だちというか、どんどん増えてるお友だちをどうするかが目下の悩みでもありますな。